二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

写真に撮りたかった~!!

カメ母が無事に帰国しこのブログも本格的に「ドタバタ子育て日記」に向かってつき進む気配を感じています。

ダニの事故から早や3日。本人はもちろん私もまるで事故自体が遥か昔に起こったようにさえ感じるほど、ショックからはほとんど立ち直っています。じゃびままさんのおっしゃったように日本でならきっと責任問題に発展するのかもしれませんが、今回はダニは勝手に走って勝手に友達にぶつかって転んでいるので、いつでもどこでも起こりうる事故だったように思うんですよね。これが、デイケア宅が法律に違反して、定員よりも多い人数の子供を預かっていて目が届かなかったとか、子供が歩き回る場所に大きな荷物や危険なものをおいておいたというなら話は別ですけど。

ちなみに、今夜のダニは夕食が嫌で泣いて叫んで暴れまくって大騒ぎをし、危険を感じた私はあむを別室に避難させるはめになりました。泣き止んだのを見計らってミルクをあげても、それを見ただけで側にあるおもちゃなどをなげまくり、私を蹴飛ばして叩くという荒業に出たため、本日はダニは夕食なしです。そういうお年頃・・・なんですかねぇ。難しい時はほんとうに何をしてもどうしようもないくらい、暴れまくります。あれだけ泣いて叫んで暴れたので、今夜は(も?)ぐっすり眠ることでしょう(笑)。

夕食時になって困ったチャンに変身したダニですが、それまでは比較的良い子でした。午後になって恒例のお庭・お空ウォッチングをしていたときも、上空を通る飛行機を指し「こーき、こーき♪」と言って喜び、庭を飛ぶ蝶をみては「ちょっちょ♪」と言って喜び、前歯なんてなくても大丈夫と改めて思わせてくれました(笑)。

で、そのときに見たんですよ。テレビでは見たことありましたが、生で見たのは初めてでした。ダニが突然空を指差して「かっかっ」と言ったので、鳥が飛んでいると思って見上げたらそこにはオオカバマダラの大群がいたではありませんか!これは越冬するために何千キロという距離を飛んで南アメリカのほうまで移動する蝶なのですが、どのくらいの数いたでしょうか。100や200なんていう数ではなかったと思います。今日は風が強かったので風の吹く方向で大きく左右にゆれながらあっという間に遠くまで飛んでいってしまいました。写真に撮りたかったですねぇ、是非。今度庭にでるときはカメラを準備することにします。・・・でも、庭に出るときって、室内にいるあむの声をチェックするためのモニターやら、蚊取り線香やら、電話やら色々持ち出すものがあるので(笑)なかなか大変なんですよね。ダニも後半は私の持ち出した電話を片手に「はおっ??(ハローのつもり)」ってやってました

さてそろそろ今日の〆に入らねば(笑)。ではみなさんごきげんよう♪
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-23 09:19