二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

すご~い不安・・・(冷や汗)

今朝は私の健康診断(のようなもの)がありまして、あむを連れて病院に行ってきました。実は明け方から雷を伴った雨が降っていたのでどうなることか・・・と思っていたのですがなんとか晴れ女(?)のあむのおかげで、行ってから帰るまで雨に濡れることはありませんでした。

あむをデイケアおばさんに頼もうかとも思ったのですが、今日はダニのデイケア日で、前回こんな感じであむを預けたら、預けるときと引き取るときにダニが泣いて叫んで大暴れしたので今日はそんな迷惑を掛けないようにあむ連れで行ったわけなんです。

アメリカでは珍しく、今日の予約はとんでもなく遅くなり11時の予約が呼ばれたときには12時15分という体たらくだったんです。が、私は抱っこ紐の中にあむを入れてカンガルー状態でいたために(笑)、待っている間はあむはわりとゴキゲンで他の患者さんに笑いかける余裕もみせておりました。

・・・が、一度私が診察室へ呼ばれてあむをベビーカーに乗せてからがもう大変!火が着いたような勢いで泣き始め、お医者さんは聴診器の音が聞こえない(爆)ということで看護婦さんにSOS.入ってきた看護婦さんは「先生、一体なにやらかしたんですか??(爆)」

彼女が診察室の外へあむを連れ出して、遠くのほうであやしていても全く泣き止むどころか余計にすごい勢いで泣いているのが聞こえてくるんです。3月に日本へ帰国するんだと伝えると、「・・・グッドラック・・・」といわれてしまいました(爆)

急いで診察を済ませてもらい、廊下へ走り出て抱っこ紐で抱っこすると3秒で静かになりました。ご迷惑をお掛けした看護婦さんに「これって母親冥利につきるでしょ?」と笑顔で言われましたが、私の頭の中には既に飛行機の中で泣き叫ぶあむの姿が浮かんでいて、引きつった笑いを浮かべることしかできませんでした。


う~む・・・めちゃくちゃ不安ですよぉ、飛行機の長旅。まぁ、あむには座席の予約は入っていないのでどちらにせよ誰かがいつも抱っこしていることにはなりますが、それにしてもあむは一度泣くと決めたらもう凄いんです、その勢いが(笑)。

その後、旅行社によって飛行機のチケットを発券してもらい、家に戻ったころには既に2時。あむにご飯を食べさせて自分も食べたらもうダニのお帰りの時間で、今日は家事らしいことはなにもしておりませんです。
[PR]
by sorudaniamu | 2006-01-14 11:28