二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

そる・・・不調でした

今日はそるの「わんわんドック」と予防接種の日。雪の舞う中、車で15分ほどの獣医さんまで行ってきました。

実はそるは昔から、急にお腹がゴロゴロ言い出したかと思うと食欲がなくなり、下痢はしないものの吐いたりして、それでいながら1日すればすっかり元通り・・・というワケの分からない症状に悩まされて(?)おりました。以前は月に一度ぐらいこの症状が出て、当時の獣医さんによれば、わんこによっては胃酸の酸度が上がったり下がったりすることで一時的に調子が悪くなることがあるけれど、そるの場合はいつも1日ですっかり元気になることから心配いらないと言われていました。

でも最近、どうも頻繁にこの症状が出るんです。下手をすると週に一度ぐらいの割合で。そんなこともあって、今日の受診の際はそのことも相談してみようと思っていました。

診察室へ通されると、へたれのそるは、すぐに椅子の下へもぐりこもうと必死になります。お医者さんが登場するとビビリまくったせいでオシッコももらす小心者です。が、観念するのも早いので(笑)診察するには楽なわんこらしいのですが・・・。

早速熱を計ってもらうと、「う~ん、ちょっと熱が高いですねぇ。これじゃ予防接種はどうかなぁ?」と助手の方のお話。例のお腹ゴロゴロの話もして「昨日もそうだったんです」というと、「最近、肛門腺絞ってます?」といわれ、「頑張ってはいるんですがなかなか上手に出来なくって・・・」というと、「肛門腺が一杯になると、そるのような症状がでることって良くあるんですよ。」とのこと。

そして獣医さんが登場し、血液検査及び年に一度の色々検査をしてもらい、結論からすると「この子は健康なわんこです」なのですが、例の症状については「恐らく肛門腺の関係でしょう」ということに。先生が思っていたほど溜まってはいなかったらしいですがとりあえず絞っていただき、2週間後に今日することのできなかった予防接種と一緒にどのくらい既に溜まってしまったか調べていただくことに。

先生に寄れば、よっぽど慣れていて上手な飼い主さんでもなければ、やはり肛門腺を絞るのは獣医さんかグルーマーさんにお願いしたほうが安全とのこと。間違ったところを押したりして腺が破裂・・・なんてこともあるらしいです。

e0029853_1023865.jpg


熱のせいか、ちょっと元気のないそるです・・・なんていうのは嘘で実は元気はあります(笑)。いつもこうやってソファーにもたれて楽をしながら座っています(爆)

そして残りの子供たちはというと・・・

e0029853_10291887.jpg


カメ母と積み木で遊ぶダニ・・・とか

e0029853_10295195.jpg


またまたおなじみダニのお古を着て(笑)ダニのおもちゃであそぶあむ・・・とか


まぁそんな感じです(笑)。あ、あともう1つ・・・

e0029853_10303989.jpg


昨日の朝、起きてきたらダニに「妖気アンテナ」が立ってました(笑)
[PR]
by sorudaniamu | 2006-02-14 10:33