二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あ~、もうっ!!!!!!!!

ブログの更新が遅れてしまってもうしわけありましぇ~ん(汗)

毎日毎日、気難しくなってくる(?)ダニを相手に朝から晩まで格闘している私たちは、ダニがようやく寝付くともう気力も体力も既に使い果たしている状態だったりするのですよぉ。最近ではダニが機嫌よく笑っているのは一日でどのくらいなんだろう??と思うぐらい、事あるごとに悲鳴に近いような金切り声をあげて泣き叫ぶ日が続いています。こちらも気が付いてみれば朝から晩まで怒ってばかり。こんなことじゃいけないですよねぇ・・・。何か気分転換になることでもあればいいんですけど。

話は変わりますが、「グリーンカード」っていう映画、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?フランス人の男性とアメリカ人の女性がお互いの利益(男性はアメリカに永住するため、女性は既婚者であることが入居条件になっているアパートに住むため)のために結婚して、その男性が移民局からグリーンカード取得のための面接に二人で出頭するように言われるんです。そこで、二人で慌ててお互いのことを知らなければいけないとテスト前の追い込みのごとくお互いのことを勉強して暗記して、旅行に行ったりしたフリをする為に自家製のセットまで作ってアパートの屋上で写真を撮ったり・・・とか色々するんです。そして面接の日がやってきて、二人は別室で面接を受け、面接官は二人の答えが一致しているかと厳しくチェックするんですが、何かの質問で二人の答えが合わなかったか、答え方が変だったとかいう理由で結局この男性は逮捕されてしまうんです。でも実際のところ、この面接のためににわか夫婦を演じるために二人で一生懸命お互いのことを学んだり、一緒にいる時間を作ったせいで、男性が逮捕されるときには実は二人は本当に愛し合うようになっていた・・・というちょっぴり切ないラブコメディーなんですけどね。

かくいう私も今持っているグリーンカードは仮グリーンカードと呼ばれるもので、発効日から有効期限が2年しかないものなんです。去年からこのグリーンカードを更新するためにやっかいな書類の手続きをしているのですが、先日この面接に臨むための「出頭命令」が届きました。・・・が、夫婦で出頭せよ。しなければ私のグリーンカードは剥奪され、国外追放される可能性もある・・・などと脅かし文句が色々書いてあったりするわけなんですが、私のダンナは現在紅海のどこかに浮いている(あ、死体で浮いているわけじゃなくって船で浮いてるだけですよぉ)状態なので当然この出頭命令には従えないんですよね。ならば、期日の変更を・・・とも思ったのですが、現在単身赴任中で職業柄、平日に休みを取ってオハイオへ来ると言うことはほぼ不可能に近いのですよ。

さ~てどうしましょう????

そんなわけで今日はその辺のところをいくつか質問するためにクリーブランドというところに行ってきます。ここからだと2時間半ぐらいかかりますが、仕方ありません・・・。色よい答えを期待したいと思います(笑)

・・・でもあの映画のような面接が待っていたら、私たちは「絶対」に落ちてしまいますよぉ。別室に呼ばれた二人が聞かれる質問がすごいんです。男性は女性のつけている香水のブランド、洋服・指輪のサイズなどを聞かれていて、女性の方は男性の使っているアフターシェーブのブランドや、歯ブラシの柄の色とか。そんなもん、偽装結婚でない私たちでも知らないです(キッパリ)。私のほうは、まだダンナの使う日常品の買い物をしたりしますから多少は知っている部分もありますが、ダンナは見事に何も答えられないに違いありません。(何しろ、一年で一番ロマンチックな記念日と呼ばれるバレンタインデーに自分の勤務している船のデザインが入ったどでかいマグカップをくれるような人なので(爆))

さてさて、そろそろダニが起きる時間です。私も(心の)準備を始めますね~。
[PR]
by sorudaniamu | 2005-08-18 19:18