二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー

2005年 10月 06日 ( 1 )

ダニとあむ

早いものでダニももう2歳を過ぎ、あむは3ヶ月を過ぎました。長かったようなあっという間だったような気がしていますが、今日はこの二人のことを少し比べてみたいと思います。

誕生のときからして、ダニとあむは「全然」違っておりました。ダ二は生まれた直後に「おぎゃ~」ではなく、しばらくして、「ぉぉ・・・ぉぎゃぁ・・・」というか細い産声だったのに対し、あむは元気良く隣の部屋まで筒抜けの大声で「んなぁ~!!!!!!!」と言って誕生(爆)。体重もあむのほうがダニより400グラムほど重く、産まれたときから「飲みまくり(爆)」ダニは、生後1ヶ月でもう夜の授乳がなくなってしまうほど、食の細い子供でした。私は今でもあむのことは泣き声から「なーさん」「なーなー」と呼ぶのですが、ダニと比べるとあむはとにかく・・・力強くてまだ赤ちゃんなのに全然頼りないとかか弱いようなところがないのですよ(笑)

思えば、生まれる前から周囲の人を含め、私たちは我が家の兄妹関係はきっと、オバQのところやドラえもんのところのように「頼りないおにーちゃんにしっかりものの妹」になるであろうと想像していました。こうして、実際に生まれてきたあむとダニの様子を見ていると、まんざらこの想像も間違っていないような気がしますね~。

これがさっきお風呂から出たばかりのあむです・・・

e0029853_3261846.jpg


何しろ、あむのイメージ(いつも眉間にシワをよせ、難しい顔をしている)を和らげようと私も必死なのでこうしてピンクを着せたりするのですが・・・似合いません(爆)。買い物に行くと、「あら、この子は男の子なのにおねえちゃんのピンクのお下がりでも着てるのかな?」などといわれる始末(笑)。それに比べると、ダニはいつもニコニコ顔で・・・

e0029853_3303416.jpg


ほ~ら、こんなに金太郎の腹掛けも似合ってました(笑)。今のあむと同じぐらいの年のときです。


ミルク嫌いに始まって、当時の小児科の先生に「20何年小児科医をやっているけれど、こんな子はみたことないです」と言わせてしまったダニ(爆)と「すべて順調ですね。体重も身長も平均かそれより少し上回っていますから何も心配いりませんよ」と言われるあむ。

誰からも「あら、可愛いわね~」と言われるダニと「元気そうな赤ちゃんね~(決して可愛いと言ってもらえない(爆)」あむ。何で同じ親から生まれているのにこんなに違うんでしょうねぇ?でもあむはダニに比べると本当に手の掛からない楽な子供です。寝る・飲む・出す・・・をきちんとこなし、日々日々デカくなっておりますですよ(笑)。

そうそう、ダニは生後120日目で寝返りを打ったのですが、あむはそろそろ寝返りを打つかもしれません。ダニがデイケアに行っている間は、床で遊ばせてあげるのですが、気が付くと仰向けの体をすでに真横にしているのですよ。・・・これは練習次第ではあっというまにコロンと行ってしまうかも?!頑張れ、あむ♪

さて、私も貴重な自由時間が残り30分ほどとなりましたので(笑)心の準備をしたいと思います。ダニも大分デイケアに慣れて来たのか、今週は今のところ順調です。帰ってきたときのためにミルクにおやつを「たくさん」用意しておかねば(笑)なのですよ。
[PR]
by sorudaniamu | 2005-10-06 03:40