二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー

2005年 10月 22日 ( 2 )

安眠妨害

毎朝毎晩、お邪魔させていただいている某ブログのところで、いつものように「ラ組」の話題が出ていた(笑)。(詳しくは、リンクから「今日の太郎」へどうぞ♪)

今回のお題は「夜中にトイレ」に起きたら「その後眠れなくなった」というもので、これを聞いて「あ、私も♪」と思ったあなたは立派にラ組へ入れます(?)というお話。

私は、自分は基本的に夜中にトイレに起きることはないのだが、ダンナがトイレに行くかそるがいきなり毛づくろい(爆謎)を始めると、それがきっかけで目が覚めてしまいその後眠れなくなることが多々ある。・・・そして昨夜もそうだった。

毎度のことながら、ダンナが帰ってくると「やったね、ラッキー♪」とばかりに一緒のベッドで眠るそる。でもこれは、そうさせている(というかそうしたい)ダンナが悪いので、そるは悪くない。問題は、そるが川の字になって私とダンナの間に平行になって寝るのではなく、カタカナの「エ」の字のように間に入って横になって眠るのが大問題なのだ。おかげで私は死ぬほど窮屈になり、寝つきが悪くなる。・・・そしてそるが場所を移動するたびに起こされる。・・・で、極めつけはダンナがトイレに行くことでしっかりと目が覚めてしまう。(いつも窮屈な船の中で生活しているダンナは自分はそるのせいで身動き1つできなくても、しっかり熟睡できる特技を持っている)

こうして私はダンナが帰宅するたびに安眠のチャンスを逃す羽目になるので、これからは最初から同じベッドで寝ようなどということは考えず、ゲストの部屋で堂々と手足を伸ばして寝ようと心に誓うのであった(爆)。
[PR]
by sorudaniamu | 2005-10-22 18:56

気楽に行こう♪

・・・と最近、開き直りとも思えるこの言動が目立つようになってきた私です(笑)。あむは相変わらずミルクを飲まないし、ダンナを始め、周りとの「異文化コミュニケーション」もどうも芳しくないようだし、悩み出せば切りはないですが、「ま、考えても仕方ない。気楽に行こう♪」と開き直ってしまえればこっちのもの(爆)。そんなことで頭を悩ませているよりももっと色々やったり考えなければいけないことが山ほどあるのですよね~(例えば翌日の献立とか(爆))

多分、こんな風に思えるのは天真爛漫な歯抜け小僧、ダニのおかげ(笑)。毎日、一生懸命に生きているのがよ~く分かるんですよ(笑)。今日もデイケアに迎えに行ったとき、私が「レッツゴー」と言ったら「O.K.」ですと(爆)・・・なぁ~にを生意気に!でもこうして確実に少しずつではありますが英語を身につけているダニなのです。あむの食欲不振・・・もダニを育てるときに既に経験済み(笑)のため、以前に比べたらかなり落ち着いて対処してるなぁと自分で自分に感心したりして(笑)。ダニのときには、ひどいときにはオムツの濡れた回数が4回を下回ったら救急へ・・・とも言われたことがあったぐらい飲まなかったのですが、一応こうして元気に2歳の誕生日も迎えられましたしねぇ。

そうそう、最近そるの話が少ないとご指摘をいただきましたので今日はそるの話をひとつ。

そるはだっぢーが帰ってくると、はっきり言って忙しくて居眠りをしている暇もありません。・・・というのは、いつだっぢーがまたいなくなると思うのか不安なんでしょうね、片時も側を離れないんです。「ごあん」を食べるときも、自分の視界にだっぢーが入っていなければ食べることもできず、だっぢーは一人ではお風呂に入ったりシャワーを浴びたりトイレに行くことすら許されません(爆)。自分とだっぢーの距離は常に2m以内を保つようにしているようで、その間にわざと私やダニが入ったりすると、強力なマズル攻撃でその間にさらに割り込んできます。

そんなそるなので、だっぢーが出かけたりした時は、大爆睡モードに突入してしまい、名前を呼ぼうが、電話が鳴ろうが、ピクリとも動きません。今も昼間の緊張の分を取り戻すかのごとく、死んだように眠っています。

e0029853_1112554.jpg


・・・あ、どうやらだっぢーが帰宅したようです。またそるの緊張が始まります(爆)
[PR]
by sorudaniamu | 2005-10-22 10:20