二人と一匹の子育てを中心にアメリカオハイオ州での生活をご紹介します


by sorudaniamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今夜はさらに冷えます~

今日は日中の気温が何と14度にしかなりませんでした。澄み切った青空に白い雲、そして燦々と輝く太陽・・・なのに風は北風でさぶかったです。おまけに今夜はとんでもなく冷え込むとかで、明け方には気温は2度の予報!夜中に気温が下がったときのために暖房のサーモスタットのスイッチを入れておきました。・・・明日は暖炉かぁ????(笑)

e0029853_858393.jpg


・・・ダニはきっとまた大興奮のはず。春にここへ越してきたときに何度か暖炉に火を入れたのですがそのたびに釘付けになっていました。


さて、そんな風に日を追うごとに寒さが厳しくなってゆく(って秋はどうしたんでしょうね、秋は。これではもう冬みたいです)わけなので、夜ぐらいは私も一瞬子育てを忘れて(爆)眠りたいわけです。それなのに、連日そるとバトルを繰り返しているので、昨夜はちょっと私も考えました。ドアを閉めてしまう→開けろとそるが吠える→ダニがびっくりして起きて泣く→その声であむが泣く・・・という図式が目に見えていましたから、それならば部屋には入れてあげてもベッドの上に上がらないようにすればいいわけです。我が家にはくうすけさんたまりあ氏のようなカッコ良いたらい舟(爆)もありませんので、ケージの中に敷いていたマットを持ってきてそこへ寝かせることにしたのです。

e0029853_93447.jpg


こんな風に割りとこじんまり丸まってくれれば充分な大きさはあるのですが、ちょっと背筋を伸ばすと、首から上とシッポはマットの外へでてしまいます(笑)。日中はこのように割りとすんなり上手く行っていましたが、やはり夜は何回かベッドへ飛び乗ってきたので、そのたびに私に怒られ(そるはお返しに唸りかえしてきましたけど)なんとか一応マットの上で一夜を過ごさせることが出来ました。

今夜は冷えるという話ですからそるとすれば暖かいベッドの上が良いのでしょうが、そうもいきません。我慢していただきます(爆)・・・が、明日の夜にダンナが帰ってくれば「み~んなそるの好き放題」にさせてしまうので、私の努力も水の泡と化すことでしょう・・・(涙)
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-30 09:12

昨夜は冷えました~

・・・というわけで続きです(笑)

昨夜のカメvsそるのバトルはやはり(?)そるが見事な勝利を収め、私は体を小さく丸めて眠ったんだか眠らなかったんだかワケのわからない夜をすごすハメになりました。おまけに、今朝は普段は6時起床のあむが5時起床だったため、ちょっとリズムが狂っております。

それに、気温がかなり下がりましたね~。最近では日中の気温が22-24度、夜には10度を下回るようになりました。過ごしやすいと言えば過ごしやすいですけど、寒さが苦手の私にはやはり暖かい季節のほうがありがたいです(何て言ってもカメですから、寒いのは当然苦手です)

オハイオの冬は長くて厳しい・・・らしいので、どんなことになるのやら。ダニも2歳になるころから風邪を引きやすくなってきていて、今も2週間前に引いた風邪が完全には治りきらずに鼻をぐずぐずさせています。ダニがそういう状態になると、次は私で、終いにはあむ・・・という図式が出来つつあるので何とかしてこの悪循環を断ち切らねば・・・と思っているのですけどね。昔、あるテレビ番組でやっていましたが、風邪の一番の予防って何だかご存知ですか?よくビタミンCって言われますけど、一番効力があるのは、完熟状態のバナナだそうです。最近は、薬品の関係でいつまでたっても黄色いままのバナナも多いですが、あのバナナの皮が真っ黒になるぐらいまで放っておくと、風邪に対する免疫力を高めてくれる成分が一番多く含まれるんですって。この冬はバナナパワーでみなさん風邪を撃退しましょう!

それと、みなさんにご心配をおかけしておりましたが、ダンナは昨日の朝、無事に帰国致しました。例のミサイル攻撃のことで、船から電話でのインタビュー2本と、船が着いてからレポーターからのインタビュー1本を受けたらしいですが、我が家はテレビはダニが起きている間は子供番組しか見ないため、その模様がどんな風だったのかぜ~んぜんわかりません(笑)今週末にはこちらにも短い間ですが戻ってくる予定です。子供たち、大騒ぎだろうな(笑)

それではせっかく早起きしたことですし、家事を始めます~♪
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-28 18:59

誕生日おめでとう♪

現在時刻は午前0時になるところです。なぜにこんなに夜更かしを??と思われた方、私はそるに蹴飛ばされて先ほど目を覚ましてしまったのです(怒)ご本犬は私を追い出し、さらにくつろぎながら爆睡中。これを書いたら逆襲しますです・・・はい。

今日はカメ父とヤエ母の誕生日で~す♪お誕生日おめでとうございます!!!!

では続きはまた後ほど。私はそるをベッドからたたき出して寝ますっ!(笑)
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-28 13:03
e0029853_1111590.jpg


そるは、幼少のみぎりには「ハウス」と名付けられたケージの中で寝ていた。もちろんチャンスがあればみんなの側で眠りたいために「ハウスでねんね」などと言われるとたちまち困った顔をして上目遣いでこちらを見ていたものだった。

それが私が一足先にオハイオへ越してきて、ダンナはまだ現地にそると残っていたとき「わんこと一緒に寝る♪」というのが好きなダンナのせいで、すっかり崩れてしまった。私もそると寝るのはどちらかというと好きなほうなのだけれど、何しろデカイのでそるがベッドに上がってしまうと私は手も足もロクに伸ばせなくなってしまうのだ。そんなわけで、私は余りそるを歓迎しない(笑)。

昨夜は、一昨日そるが具合が悪かったこともあり、少し仏心を出して一緒に寝ることを許可してあげることにした。・・・がこれが大きな誤りだったのだ(泣)


そるは時折、食欲がなくなりお腹がぐるぐる・キューキュー音を立てることがある。でも下痢はしないし、嘔吐することも滅多になく、放っておくだけで大抵1日経てば治ってしまう。一昨日も典型的なこの症状だった。

そういえば、そると寝るのは久しぶりだなぁ・・・などと思いつつ、そるのいないところを狙って手足を伸ばし(何やってるんだ?私)そろそろ眠りにつこうというとき、「腐った卵」のニオイがした(爆)。・・・そうだった・・・すっかり忘れていたのだが、そるはこのお腹の調子が悪くなると、最後にはクサイおならを連発するのだった!!!!しかし、一度ベッドに上がってしまったそるを降ろすことは容易ではない。生意気にう~などと怒るからだ。

仕方なくそるに背中を向け次の一発が出る前に眠りにつこうと努力すること30秒。寝つきの良い私はすぐに眠ってしまった。

・・・そして午前3時。そるがいきなりベッドから飛び降りた。具合でも悪くなったのかと慌てて枕もとのメガネを探していると、いきなり床でワンワン言いながらシッポを追い掛け回しているではないか!

あのぉ・・・すぐ横のベッドであむが寝てるんですけど、そんな騒いだら起きちゃいます・・・と思い、「アンタ、いい加減にしなさいっ!」とそるに言い、すぐさまリビングルームへ連行した。そしてもう2度と入らないでちょうだいと部屋のドアを閉めた。すると、今度はドアを開けろ~とデカイ声で吠えるではないか!!!・・・・繰り返し言わせていただくと、時刻はまだ3時半にもなっていなかった。

仕方なくまたそるを部屋に入れると、モニター越しにダニの泣き声が聞こえてきた。間違いなく先ほどのそるのドアを開けろコールでビックリしてしまったに違いない。そしてダニの部屋へ行き、寝ぼけ眼で泣きじゃくるダニをおんぶして寝かしつけ、部屋に戻った私が見たものは・・・

ベッドで耳の先からシッポの先まで伸ばしに伸ばして寝まくっているそるだった・・・(泣)

e0029853_10592877.jpg

[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-27 11:03

お静かに願います(爆)

そろそろ時刻は夜9時。ようやく我が家にも待ちに待った静寂が訪れようとしています。

ここ最近、あむは夕方6時の授乳の辺りから猛烈な勢いでグズり始め、抱っこ以外はまったくそれを止める手段がない状態になります。思えばダニもこのくらいの年頃には夕方4時ごろから8時ごろまでは魔の時間でした。あむはダニに比べるとその時間が始まるのが少し遅いですね、良く考えてみたら。

e0029853_9492748.jpg


それでもたまにブランコが効くときもあるので試してみましたが、今日は泣きっぱなしで駄目でした(笑)。

ですから、私はあむを抱っこしながら声だけでダニと遊ぶことになるわけです。そしてあむが寝たな~と思ったらそうっとあむを降ろし、ダニと本格的に遊ぶわけなんですけど、こういうときに限ってやたらと音の出るおもちゃで遊びたがるダニ(爆)いつもならこの茶色いつづらに入っているおもちゃには見向きもしないのに、今日に限ってはフタをあけてすべて一つ一つ取り出してはまず辺りに放り投げました(笑)。

e0029853_95315.jpg


小声で、「うわ~。高いねぇ。上手だねぇ」と言いながら心で「頼むから、ぐわしゃっと倒さんでくれ~!!」と叫びまくる私。

・・・もちろん私の心の声はダニには届かず、ぐわしゃっ!!!という爆睡中のそるでさえも目を覚ます音を立てて、積み木の塔は崩れました。そしてまたまた泣き出すあむ・・・

そんなことを繰り返し、ようやく待ちに待ったダニの就寝時間がやってきました。ダニを寝袋型の毛布に入れて部屋へ連れて行き、私はあむの様子を見ながらそ~っと片付けを始めます。

ところがですねぇ、音を立てないというのがこれまた非常に難しいんですよ(笑)。ダニが乗って遊ぶオートバイが転倒しているので直すとそこで無情にもブ~っとブザーが鳴り、慌てて後ろに手をつくとそこに置いてあった汽車がプォ~っと汽笛を鳴らして走り始め、ビックリして飛び起きたそるが首につけたタグを3枚チャラチャラ鳴らしながら慌てて玄関の方へ走って行き・・・(爆)

全く最後の最後まで騒々しい一日でした(笑)。でも今日は嬉しかったことが2つ。昨日、死にそうな(?)顔をして眠っていた調子の悪かったそるは今朝にはすっかり完治。

e0029853_1045280.jpg


それとご近所の方が自分の家の庭にあるりんごが取れたから・・・とパイを焼いて持ってきてくださいました。

e0029853_106377.jpg



さて、明日はまたまたデイケアの日です。ダニがちゃんと9時から3時まで行っていられるようならば、ハロウィーンのコスチューム探しもしたいんですけどねぇ・・・。ダニは去年はカエルになりました。

e0029853_1011101.jpg

[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-26 10:12
さてさて、今日は嬉しい金曜日です。ダニは月・水・金の9時から3時までデイケアに行っているので、この3日は私にとってはと~っても貴重な日なんですよね。今日も、ダニがいない間に食料品の調達をして、あれをして、これをして・・・と色々考えながら9時にダニをお向かいのデイケアに置いてきました。

取り敢えずのところで掃除をし、あむをお風呂に入れたあとミルクを飲ませ、洗濯をし、次は・・・と思っていたところで電話が鳴りました。(最近、電話が鳴るとロクなことがないのでイヤ~な感じがしたんですよね)

電話を取ってみると案の定(?)デイケアからで、彼女の声が聞き取れないぐらい受話器の向こうで泣き叫ぶダニの声が聞こえています。また怪我でもしたのかと思いきや、ダニがグズってグズって手に追えず、手当たり次第に物を投げたりするので少し落ち着くまで引き取りに来て欲しいとのこと。昨夜の悪夢がすかさずよみがえりつつも迎えに行くと、おむつを替えてもらいながら彼女のことを蹴飛ばしまくって泣き叫んでいるダニがいました。

私を見つけるとすかさずおんぶをせがみ、背負った瞬間にピタッと泣き止みました。これはひょっとすると単に甘えているだけかなぁ?と思いつつ一応帰宅。ダニはさっさとテレビをつけ、自分専用の椅子に腰掛け、「ぱいぱい(ミルクのことです)」などと注文をつけてきました。・・・こやつ、単に今日はデイケアっていう気分じゃなかっただけだなぁ???と思いましたが、今連れて戻ってもどうせまた泣き叫ぶだけに決まっていますから、お昼を食べさせてからもう一度デイケアへ連れて行き、泣いても叫んでもこれから食料品の買い物に行かなければならないので30分、我慢して欲しいと頼んで出かけました。あちらもボランティアではなくお金を取って商売をしているわけですから、本当なら9時から3時までダニがどういう状態であろうと預かる義務はあるわけなんですけど、今回のダニのようにただ泣くだけでなく、物をなげたり、周りにいる子供たちが危険になるようなことでは、当然彼女の手には負えなくなるわけです。

急いで買い物を済ませて戻ると、ダニは丁度寝付いたところで、それならば予定通り3時に引き取りに来るということで帰宅しました。すると、今度はあむが泣きはじめたんですよぉ(泣)

今日はあむのうん○の日(あむは大体1日おきなんです)。なのにまだ出ていないですから、お腹がしぶって調子が悪いんでしょうね。ミルクの飲みも悪く、どんな格好をさせても抱っこしてもとにかく泣くんです。

そうこうするうち、無情にも時は流れ、スネ太郎が帰宅する時間になってしまいました。

さ~てそこからの5時間。我が家は閻魔大王もビックリの阿鼻叫喚(爆)。二人の子供が力の限り泣き叫ぶんですからそれはすごい騒ぎでした。・・・まぁ、二人ともご機嫌次第では一応「休憩時間」を取ってくれていたので(笑)助かりましたけど。

午後9時を過ぎ、ようやく我が家には静寂につつまれました。まだ最後の授乳が残っているので私は休むわけには行かないのですが、私はこういう大変だった日にはいつも実行していることがあります。昔、歯医者さんの待合室に張ってあったポスターに書かれていたことなんですが、つらいことやイヤなことがたくさんあっても、夜寝る前にはその日にあったどんな小さなことでもいいから嬉しかったこと、楽しかったことを思い出してそして眠りにつきましょうっていうことなんです。そうすれば、翌日の目覚めがスッキリといい気分で迎えられるという話でした。

そんなわけで、今日の良かったこと。ダニが一人でバナナを食べました~(笑)ほっぺたに貼ってあるのはバナナに貼ってあったシールです(笑)

e0029853_10323818.jpg


それと、あむが珍しく笑顔を見せました~(笑)

e0029853_10333232.jpg



こうしてじっくり考えてみると、ダニは今丁度難しい年頃のところへ持ってきて、大好きなお婆ちゃんが日本へ戻ってしまい、ようやく日本語が多少分かり始めたのにデイケアなどというところで英語の世界に放り込まれているわけですから、「やってらんねーぜ!」という気持ちなのかもしれませんよね。今日はハリケーンの影響で一日中肌寒く、小雨交じりの日だったのですが、明日天気が回復したら、また気晴らしに庭へ出て「くわっくわっ」とか「(よその家の)わんわん」とか(ダニにとってはそるを見てもあまりわんわんという感動はないらしい・・・)「こーき」とか見せてあげられるかな?と思います。
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-24 10:41
カメ母が無事に帰国しこのブログも本格的に「ドタバタ子育て日記」に向かってつき進む気配を感じています。

ダニの事故から早や3日。本人はもちろん私もまるで事故自体が遥か昔に起こったようにさえ感じるほど、ショックからはほとんど立ち直っています。じゃびままさんのおっしゃったように日本でならきっと責任問題に発展するのかもしれませんが、今回はダニは勝手に走って勝手に友達にぶつかって転んでいるので、いつでもどこでも起こりうる事故だったように思うんですよね。これが、デイケア宅が法律に違反して、定員よりも多い人数の子供を預かっていて目が届かなかったとか、子供が歩き回る場所に大きな荷物や危険なものをおいておいたというなら話は別ですけど。

ちなみに、今夜のダニは夕食が嫌で泣いて叫んで暴れまくって大騒ぎをし、危険を感じた私はあむを別室に避難させるはめになりました。泣き止んだのを見計らってミルクをあげても、それを見ただけで側にあるおもちゃなどをなげまくり、私を蹴飛ばして叩くという荒業に出たため、本日はダニは夕食なしです。そういうお年頃・・・なんですかねぇ。難しい時はほんとうに何をしてもどうしようもないくらい、暴れまくります。あれだけ泣いて叫んで暴れたので、今夜は(も?)ぐっすり眠ることでしょう(笑)。

夕食時になって困ったチャンに変身したダニですが、それまでは比較的良い子でした。午後になって恒例のお庭・お空ウォッチングをしていたときも、上空を通る飛行機を指し「こーき、こーき♪」と言って喜び、庭を飛ぶ蝶をみては「ちょっちょ♪」と言って喜び、前歯なんてなくても大丈夫と改めて思わせてくれました(笑)。

で、そのときに見たんですよ。テレビでは見たことありましたが、生で見たのは初めてでした。ダニが突然空を指差して「かっかっ」と言ったので、鳥が飛んでいると思って見上げたらそこにはオオカバマダラの大群がいたではありませんか!これは越冬するために何千キロという距離を飛んで南アメリカのほうまで移動する蝶なのですが、どのくらいの数いたでしょうか。100や200なんていう数ではなかったと思います。今日は風が強かったので風の吹く方向で大きく左右にゆれながらあっという間に遠くまで飛んでいってしまいました。写真に撮りたかったですねぇ、是非。今度庭にでるときはカメラを準備することにします。・・・でも、庭に出るときって、室内にいるあむの声をチェックするためのモニターやら、蚊取り線香やら、電話やら色々持ち出すものがあるので(笑)なかなか大変なんですよね。ダニも後半は私の持ち出した電話を片手に「はおっ??(ハローのつもり)」ってやってました

さてそろそろ今日の〆に入らねば(笑)。ではみなさんごきげんよう♪
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-23 09:19
みなさま、ダニのことを心配してたくさんのカキコ、本当にどうもありがとうございました。おかげさまでダニは昨日の今日だと言うのに、まるで何事もなかったかのごとく元気に走り回っております。

e0029853_1117401.jpg


歯が生え始めた頃から、クセのようになってしまった下あごを突き出す仕草は前歯がなくなっても健在です(爆)。こら、そんなことしているとアゴがでちゃうぞ~っ!!!


実は3ヶ月間こちらに来て私やダニ、あむの面倒を見てくれていた母が明日帰国なんです。長いようで短い3ヶ月間でした。母がいてくれなかったら、難しいお年頃のダニと産まれたばかりのあむの世話などダンナも単身赴任中ですし私一人では到底不可能だったと思います。本当に、こんな遠いところまで来てくれた母とその母を気持ちよく送り出してくれた父と弟に心から感謝したいと思います。みんな、本当にどうもありがとう!!!!!!

・・・明日から、カメ母がいなくなるとこのブログも更新できるのは子供が寝静まった後しかないでしょうねぇ(笑)。頑張らねば!

それでは今日はこの辺で。みなさん、ご心配おかけしましたが、ダニは元気です。更なるアクシデントが起こらないように、とにかく注意して毎日を過ごさせないといけませんよね。見かけによらず(?)、すばしっこいワンパク坊主のダニなのです。
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-21 11:27

痛~っ!!!!(号泣)

朝9時。いつものようにダニをお向かいのデイケア(託児所みたいなものです)に預けに行くと、その家の13歳になるお兄ちゃんがソファーで寝ていました。昨夜、かなり調子が悪かったので今日は大事を取って学校を休ませたとの事。話を聞いてみれば、お母さんのほうも明け方具合が悪かったそうで、実はダニは先週の金曜日に熱を出してデイケアを早退していたので、家に戻りながら「病み上がりなのに病人のいる家に預けて良いのだろうか・・・?」などと考えておりました。

家へ戻って、カメ母と家の掃除を済ませ、あむにミルクをやり、今日は土曜日から始まっている地元のフェスティバルなるところへ行こうということだったので、せっせと準備をしておりました。すると、10時半ごろになって、お向かいの(病気で学校を休んでいる)お兄ちゃんが我が家へやってきて「お母さんが早く来てくれって」と言うのです。これは、きっと彼女の調子が悪くなったので迎えに来てくれということなのかな?などと思いつつ、デイケア宅に向かいました。

すると、玄関を入ってすぐに目に飛び込んできたのは、彼女の膝で口の中に血だらけのタオルをあてられ仰向けになって泣き叫んでいるダニではありませんか!!!

事情を聞いてみると、すぐ横の床でダニがもう一人の男の子とぶつかって床に倒れ、その拍子に前歯が折れてしまったというのです。(ちなみにぶつかった男の子は無傷でその場に立っておりました)折れたという歯を見てみると、折れたどころかまるで抜けたかのようにしっかりと長い根がついていて、私はパニクりながらも家へダニを抱いて帰り、母に事情を説明しながら歯科医を探し始めました。子供は診られないとか急患でも明日になってしまう・・・などなかなか難航しましたがどうにかすぐに診てくれるところを探し出し、急いでダニを連れて行きました。

ダニの歯を見てまず「これは凄いなぁ。まるで歯医者さんで抜歯したかのように綺麗に抜けてるわ。きっと当った角度とかが良かったんだなぁ。いや、それにしてもボクも長いこと歯医者やってるけどこんなの初めて見たよ」(おいおい・・・)

e0029853_10141822.jpg


そういって、助手の方達にも歯を見せてひたすら感心(?)しておりました。で、肝心の診断なのですが余りに綺麗に抜けた状態であるので、この後の処置は特に何もいらずダニはあと4-5年して永久歯が生えてくるまでは「歯なし小僧」として生きていくしかないとのこと。

最初に泣き叫ぶダニを見たときにはパニック状態になりましたが、落ち着いてみると、不幸中の幸いであった事故ということでなんとなくほっとしました。(でもダニを見るとかなり可哀想です)

お医者さん曰く、なるべく気をそらせる工夫をしてあげてくださいということだったので、歯医者さんからもどるともう一度デイケアにダニを預け、デイケアが終わったらダニを連れて地元のフェスティバルへ行きました。

e0029853_10342437.jpg


ロバや牛、鶏や兎を近くでみて大喜びのダニでした(笑)

歯抜けのダニですが、これからもどうか笑わずに温かい目で見守ってやってくださいまし・・・。
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-20 10:25

抽選結果、発表~♪

みなさま、大変長らくお待たせを致しましたっ!

予告どおり、みなさんのカキコの数だけ票を作り(あたみさん、ちょじさんも運試しということで(爆)一応中に入れています。「万が一」お二人の名前が出た場合は、もう一度・・・ということで)ダニに引かせようと思っておりました。

e0029853_1039828.jpg


・・・ところが、ここで問題が起きました。日本語にも英語にもまだまだ不自由なダニは私の「1つだけちょうだい」という意味が「全く」分からず(爆)くじを両手でわしづかみにしてはその場所を移動するではありませんか!

e0029853_10313052.jpg


これでは、誰が一体当選したのか全くわかりません。そこで、くじの方法を「残り物には福がある」方式に変更しました。ダニが次々にくじの山を右から左へ移動していくときに、最後まで残ったくじを当選くじにしたわけです。・・・ですから、ダニが選んだというよりは「ダニに選ばれなかった」ものが当選というわけですね(笑)。

さ~て、最後まで残ったのはどなたの名前だったのか・・・。くじを開いて私は驚きのあまり声がでませんでした。そーなんです。「あたみさん」が最後まで残っていたんですよぉ!!!!!

・・・仕方なく、そのくじを外して、もう一度同じルールでチャレンジ。働き者のダニは今度はくじの山を左から右へ移動します(笑)

e0029853_10362531.jpg


そして、ダニが選んだその人は!!!!!

くりるママさんです!!!!!!!!

おめでとうございま~す♪

rowenjp@yahoo.co.jpまで、住所とお名前をお送りください。オハイオの味(?)をお送りしま~す♪
[PR]
by sorudaniamu | 2005-09-15 10:42